大 中 小 日本アルジェリア協会 | トップページ

ごあいさつ

浦辺 彬  2009年3月設立総会が開催され日本アルジェリア協会の新しいスタートが切られました。幸い、在日アルジェリア大使館からの支援を得て、協会は着実に活動を続けてきており、会員数も現在約170名となっております。
 日本アルジェリア協会の典型的な行事は、平日午後6時からアルジェリア大使館サロンにて開催される講演会であります。アルジェリアの文学、音楽、南部砂漠の魅力など多岐にわたる興味深いテーマが取り上げられます。講演の後は楽しいドリンクのひとときが続き、そこには駐日アルジェリア大使およびそのスタッフも参加します。
 日本アルジェリア協会の歴史は古く、1961年、アルジェリアの独立を支援するため日本北アフリカ協会が設立されたことまで遡ります。その後、同協会は日本アルジェリア協会と改称し活発に活動しました。しかし1989年以降、アルジェリア治安情勢の急変の影響をうけて前記の設立総会まで、組織としての活動を事実上停止しておりました。
 現在、会員にはアルジェリア駐在経験者、研究者、写真家など長年にわたる「アルジェリアの友人」もおりますが、これからアルジェリアを知りたい文化・学術関係者から主婦まで、新しい「アルジェリアの友人」も増えております。新旧双方の「アルジェリアの友人」の入会を歓迎いたします。
2017年6月29日
 
日本アルジェリア協会会長 浦辺 彬


日本アルジェリア協会浦辺会長 プロフィール
 2005年末まで駐アルジェリア大使。史上初のアルジェリア大統領の日本公式訪問実現に尽力、在任中にブーテフリカ大統領の公式訪問が実現し、同大統領訪日の接遇にあたる。外務省中南米局参事官、メルボルン総領事、駐グアテマラ大使などを務めたほか、フランス、スペイン、ベルギー、セネガル、ベトナム、べネズエラに勤務。大学在学中の米国留学を含め計10 カ国世界の全5 大陸での生活を経験する。
 退官後、日本アルジェリア協会設立の音頭をとり、2009年3月末の設立総会以来、同協会会長。
 現在、私塾アルファ国際学院の特別顧問として日本語教師の養成と海外派遣を支援。テニスと砂漠への遠征旅行を愛好。